スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬松島 最終回

同僚のマダムM子(私じゃない)さんが、

軽くぎっくり腰患って

が大変なんだよね、下着下ろすのがもう」

「判るわあ、屈んで中腰がキツイね」

「誰か発明してくれないかな、ぎっくり腰の時に

簡単に下着下ろせる道具」

「さしずめ商品名は

『パンツぬげ~る♪』

だよね」






パンツmikaです、ありがとうございます。






○林製薬バリのネーミングがどストライクだったらしく、

M子さんてば次の休日、

ご実家でその話をご披露されながら

また笑い転げたそうですが、

是が非でも腰を更に痛めないよう

大事にしていただきたいところです。






さてさて。

ぶらり松島 冬の寄り道も最終回でございます。

見ても食べても判らない放射能リスクを

キケン物扱いすべきか

食べて応援すべきか

という

白か黒か

みたいな論点ではない

まったくもって

違う尺度でいただいた

一粒300円の焼き牡蛎。









マジでリスペクトしちゃう塩加減&焼き加減!

マジで悶絶モノの美味しさ!!

マジでかっこいい舌触りと味わい!!!

マジでイケてる口と喉元までのふくよかな香り!!!!





「んまいっ(エコー)」



ボケブラリー貧困な

マダムばか親子の口からは

それ以下でもそれ以上でもない

純粋にそれしかない美味しさに

その一言だけが呟かれたのです。



これは中らない。
(マダム心の声)



サービスでいただいたお味噌汁には

カニの脚が1本

カクテルのマドラーのように

添えられておりまして

これがまた寒い観光地を散策する旅人にとっては

身もこころも暖まるもてなしな訳で

熱くもなくぬるくもない

どこまでその商人魂をリスペクトしたら良いんだい!?

と唸らずにいられない温度。





ここまで徹底した心配りは

自分もサービス業のはしくれな仕事をしていて

初めて感じられたことかも知れません。



商売人の誇りを感じました。



「この牛タンはアメリカ産なんですよ。」



蘇ったお土産屋さんの言葉。

苦笑いに感じたのは私の色眼鏡だろうか。

覚悟と牡蛎の深い味わいの体験の中

私は店のご主人にこう尋ねました。




「この牡蛎は松島で採れたものなんですか?」






「いえ、残念ながら水揚げされたのは瀬戸内海なんですよ」

隣で「ウマウマ~」と舌鼓を打っていた息子が

ふと顔を上げ、

ご主人の顔を見つめたのが分かりました。



「稚貝はこの湾内でそだてるんですけどね。

去年の夏は海の温度が上がりすぎたので

そうなると塩が濃くなり過ぎて

牡蛎が成長する前に

死んでしまうんです」





「海の塩分が濃くなるんですか」

「松島は島がいっぱいあるでしょう?

潮が外海のように回っていないから

塩分が高くなり易いんですね」

懐かしい宮城訛りで話を続けてくれるご主人。
(ここでは流用語で書きますね)

「だから稚貝を育てて他の海で大きくしてくるんです」

「出身は松島ですね」

「そうですね」




松島では牡蛎の他に

数多くの海産物が養殖されたり水揚げされています。

干潟ではないのですが、

海水と河川水の混じる

いわゆる汽水域があり

そこではハゼが採れます。

実は仙台の古くからのお雑煮の出汁は

このハゼの干したものから取ります。



「ハゼもね、温度が上がり過ぎると

上(汽水域)までのぼって来ないから

捕れなくなります。

それでも少ない数のハゼが産んだ卵を

バンバン捕ってしまうのが居て、

大事な水産資源が無くなるんです。

それも困ったもんですよ」





震災の時、

私の店ではあらゆる非常用商品に

お一人様あるいはひと家族様単位の限定販売数を設けました。

それでも

沿岸からなけなしのガソリンを

一台の軽トラックにかき集め

代表で買い出しにいらっしゃるお客様が

毎日のようにいらっしゃいました。

店では店長判断で

そうした方々に

可能な限り上乗せした数量を

販売させていただいておりました。

灯油のポリタンクが

ガソリン用の携行缶が

ランタンが

電池が

日が経つ毎に無くなって行きました。

本社が、九州・関西・関東そして北海道と

震災物流の臨時部署を設け

日本各地、海外からも物質を供給できるようになり

ようやくその日をしのげる品数が揃うようになりました。



私は被災県に暮らしておりますが、

津波を被った名実ともに被災地には住んでいません。

震災当時から沿岸地域と内陸地域には温度差がありましたが、

それは

津波被災地や原発被災地との

現在なお続く温度差にも通じることであり

よほどご自分の生活が安全安心な方々でない限り

皆様が感じていらっしゃると思います。





大丈夫も

これくらい平気も

不安も拒絶も

すべて個人の尺度です。

正解が1+1=2だったらどんなにか楽でしょう。





そしてどんなにかキケンでしょう。





季節はうつろい

川は流れ

海は大陸を島を繋ぎ

大気は地球をめぐり





その営みは

私達の身体を作り

子ども達へと

遺伝子を通じて受け継がれてゆきます。





こんなに豊かな味わいの海産物や農産物が

目に見えないモノにとりつかれているかも知れない

恐ろしさと悲しさと

悔しさ。





消費者でこれだけ悔しく思います。

生産者の方々、漁業従事の方々は

どれだけ今の状況を苦々しく思っておられることでしょう。





そんなことを思いながら

雪化粧の松島をあとにしたのでした。



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

コメント

Secret

いらっしゃいませ

*自己紹介*

マダムmika

Author:マダムmika
ようこそ
マダムmikaの「パラレルサロン」へ

日々是精進
日々是悦楽
販売業のパートと母業と手作り副業
三位一体の三つ編みの日々
こぼれた小噺 記しております

ゆる~~くかる~~く
通り過ぎてくださいませ

あらあらかしこ あらかしこ

*管理人から*

※リンクフリーです♪

※当ブログに掲載する画像や文章につきましては、前もってお話いただければ、内容如何で再配信いただいて結構です。ただし、歪曲・ねつ造などの情報操作にご使用されることは、固く禁じさせていただきます。お願い申し上げます。  また、画像への直接リンクもお勧めいたしません。

※アダルト・勧誘・宣伝・スパムのコメント(拍手コメント含む)、TBに関しましては、了承を得ずに削除の対象にいたします。

軽く主張

blog バナー

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
語りました(uu*)
皆様のお言葉♪
リンクリンク♪
このブログをリンクに追加する
メールどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

住み分け
ここの思い出
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

誰かいる!?
現在の閲覧者数:
無料カウンター
今日のお客様
検索さん
登録検索サイト


ブログ検索サーチ


ブログ検索


BLOGSEARGH-E

FC2カウンター(無料)
カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。